小田 歯科医院

上新庄駅から徒歩4分の歯科/歯医者|おだ歯科医院
上新庄で歯の事なら、おだ歯科まで!

ご予約
HOME»  これからの歯科診療

これからの歯科診療

診療データ

これからの歯科診療

 

80歳になった時、何本 自分の歯を残せますか?
平成5年度では80歳では平均本数は5.9本でした
平成23年度ではなんと平均13.9本にまでなりました。

なぜここまで進歩したのか・・・?
それは一重に【予防】の技術の進歩です。
当院では予防治療を推奨しております。

 

これからの歯科診療

 

欧米ではどうでしょうか?
・アメリカの白人では年2回の定期健診は常識となっていて、
 80歳では約20本の歯が残っています。
・また、スェーデンのアクセルソン博士のグループでは、
 リスクに応じて1~6ヶ月毎に積極的予防処置を行い、
 80歳で24本の歯を残しています。

こういったことから、いかに予防歯科が大切かと言うことがよく分かると思います。
日本の80才残存歯数は、平成5年で5.9本。平成11年で8.2本、平成17年で10.0本平成23年で13.9本と、 かなり改善してきています。
(厚生省 歯周疾患実態調査より)
少しずつではありますが、
日本でも誕生日検診など、
予防が浸透してきています。

 

このホームページとの出会いを機会に、 ぜひ、定期歯科健診等の予防処置を受けられることをお薦めします。

予防することで、生涯健康な歯で、生き生き明るく、健康に過ごしていただきたいと、切に思うからです。

 

ご予約のかたはお電話ください。